ハムストリング 背中

ハムストリングを背中側からみてみよう!|世界一ゆる~い解剖学教室

ハムストリング 背中

今回から、太ももの裏側についているハムストリングについて学んでいきましょう。

 

ハムストリングは、

 

・大腿二頭筋長頭(だいたいにとうきんちょうとう)

・大腿二頭筋短頭(だいたいにとうきんたんとう)

・半膜様筋(はんまくようきん)

・半腱様筋(はんけんようきん)

 

の4つの筋肉をまとめていうときの総称です。

 

まずは、ハムストリングの起始停止を背中側からみてみましょう。

 

ハムストリングがついている骨の部位は、

 

起始:坐骨、大腿骨の後面
停止:脛骨と腓骨の上端

 

です。

 

イラストをみて、ハムストリングのかたちやどの骨のどの部位についているかを確認してみましょう!!

 

今回は、ハムストリングを背中側からみました。

 

筋肉をイメージできるようになるためには、立体的なかたちを知ることが大切です。

 

いろんな方向から筋肉をみると、立体的なイメージができるようになります。

 

次回は、横側からハムストリングをみてみましょう

 

Add your comment

Your email address will not be published.