3.股関節内転筋群(ないてんきんぐん)の作用 その1

内転筋群の作用

 

おはようございます。今日のテーマは、

「股関節内転筋群(ないてんきんぐん)の作用 その1」

です。

これまで内転筋群の起始停止をみてきました()。

今回から2回にわけて、これらの筋肉の作用をみてみます。

1つ目の作用は、

【股関節を内側に曲げる】

です。

この動きを内転といいます。

どの筋肉を使うかで、股関節の曲げ方が変わります。

 

※ここでは、恥骨筋チコツキン、長内転筋チョウナイテンキン、短内転筋タンナイテンキン、薄筋ハクキン、大内転筋ダイナイテンキンをまとめて内転筋群としています。

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

コメント追加

メールアドレスは表示されません。