背部 > 広背筋

広背筋(こうはいきん)まとめ|ヨガ解剖学


広背筋

今日は広背筋コウハイキンのおさらいの日です。

もう一度、この筋肉を見直して、記憶を深めておきましょう。

1.広背筋コウハイキンの起始停止 

この筋肉は、体の中で最も面積が広い筋肉です。

そのため、たくさんの部位に筋肉がついており、ちょっと複雑です。

まずは、この筋肉を背中側からみてみます。

起始は、胸椎6番目~骨盤後面、肩甲骨下端、下部肋骨
停止は、上腕骨の前側

です。

言葉にすると、とても分かりにくいので、イラストで、かたちや位置を確認してみましょう!!

横からもみてみましょう。

胸椎の真ん中・骨盤から始まって、上腕骨の前側につきます。広背筋 横

広背筋のかたちや、起始停止からこの筋肉の作用を考えてみましょう。

2.広背筋の作用

広背筋|ヨガ解剖学

次は、この筋肉の作用をみてみます。

筋肉の作用は、起始と停止のどちらが固定されるかで違います。

まずは、脊柱、骨盤側が固定された場合の作用をみてみましょう。

1つ目の作用は、

【上腕を上から下に引き下げる】

です。

上腕を内側にひねる作用もあります。

広背筋|ヨガ解剖学

2つ目は、上腕側が固定された場合です。

作用は、

【骨盤を上に引き上げる】

です。

背筋を伸ばした姿勢の方が、この作用が分かりやすいです。

 

3.広背筋はどんな動きで使いますか?

広背筋|ヨガ解剖学

広背筋は、上腕を引き下げる動きが出てくるアーサナで使われています。

骨盤の引き上げる作用もあるので、体を伸ばす動きでも使われることがあります。

 

4.広背筋を意識して動いてみよう!

広背筋|ヨガ解剖学

最後に、この筋肉を意識して動いてみましょう。

腕を引き下げる時に、腕の前側の付け根が、背中の方に引っ張られるように動かすと、この筋肉を意識しやすいと思います。

骨盤や背骨とのつながりも感じてみてください。

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://anatomy-yoga.com/event/schedule/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/
2015年07月2日 更新 | カテゴリー:背部 > 広背筋

各地で開催中

開催予定のリアル解剖学講座スケジュール

大阪 リアル解剖学入門講座 上半身編

【大阪】

大阪 リアル解剖学入門講座 上半身編
2019年11月23日(土)〜11月24日(日)
10:00 AM ~ 5:00 PM
満席 キャンセル待ちでの受付中
東京 リアル解剖学入門講座 上半身編

【東京】

東京 リアル解剖学入門講座 上半身編
2019年11月30日(土)〜12月1日(日)
10:00 AM ~ 5:00 PM
残り4席