僧帽筋上部(そうぼうきんじょうぶ)のコンディショニング

解剖学的コンディショニング 11月 5, 2017

僧帽筋上部(そうぼうきんじょうぶ)のコンディショニング

解剖学的コンディショニング

 

STEP1:首から肩の状態チェック

肩甲骨を片側ずつ上げたり、次に首を左右(やや斜め前)に倒したりして首周辺の動きのかたさや不快な感覚がないかを確認。

STEP2:「僧帽筋上部」をイメージ

パーカーのフードのような形をした大きな筋肉。
バンザイや、肩甲骨を背中側に大きく動かすときに活躍。

 

解剖学的コンディショニング

 

STEP3:「僧帽筋上部」をゆるめる

【さわる】

肩甲骨と首の間にあるふくらみを、反対側の手のひらでつかむ。

【動かす】

手のひらで筋肉をつかんだまま、痛みがない範囲で 肩を上げたり、首を左右に倒す。

最後に、脱力+深呼吸×3回
筋肉がゆるみ、体の中がポカポカする心地よさを味わう。

 

STEP4:首から肩の変化を再確認

1と比べて動きのかたさや不快な感覚がどう変化したかを確かめる。

 

首から肩の動きや不快感が前より軽くなっているなら僧帽筋上部が凝っていた可能性あり。1日3回、1~ 4 をやってみよう。すぐに症状が改善しなくても、続けることで変わっていく。

 

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です