梨状筋(りじょうきん)のまとめ|世界一ゆる~い解剖学教室

今回は梨状筋のまとめです。

 

1.梨状筋の起始停止!

 

まずは梨状筋(りじょうきん)のかたちと、どの骨のどこについているかをみてみましょう。

 

梨状筋がついている骨の部位は、

 

起始:仙骨の内側
停止:大腿骨の外側

 

です。

梨状筋

梨状筋がまたいでいる関節は、股関節です。

 

筋肉が縮むとどんな作用になるかをイラストをみながら考えてみましょう。

 

2.梨状筋の作用

 

梨状筋の作用は、

 

【大腿骨を外にまわす】

 

です。

 

この筋肉の骨盤側は仙骨の内側についているので、股関節を骨盤側に引き入れるように大腿骨を外に回します。

梨状筋の作用

3.梨状筋はどんな動きで使いますか?

 

梨状筋は、大腿骨を外に回す動きで使います。

 

外にまわすといっても、インナーマッスルなのでお尻の奥を締めるような小さな動きです。

 

立位でこの筋肉を使うことで、大腿骨が骨盤に引きつけられて股関節が安定します。

梨状筋を使う動き

4.梨状筋を意識してみよう!

 

これまで、梨状筋の起始停止、作用を学んできました。

 

最後は、梨状筋を意識して動いてみて下さい。

 

少し難しいですが、お尻の奥(骨盤の中)へ引き込むように股関節を外に回すと梨状筋を感じ取りやすくなると思います。

梨状筋を意識する

自分の体で、筋肉を感じながら学ぶことで、リアリティを感じる解剖学ボディイメージができてきます。

 

1つ1つの筋肉をゆっくり学んで、少しずつ解剖学ボディイメージをつくっていきましょう。

 

次は、中殿筋(ちゅうでんきん)をみてみましょう。

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

5 comments

  • 磯部一美 2か月 前

    こんにちは!キャラクターデザインやイラストのタッチが好きでよく拝見させていただいています。
    一連のイラストですが、まとまった一冊の本などでは発表されてないのでしょうか。
    もしあれば購入したいのですが。
    どうぞよろしくお願い致します。

    Reply
    • anatomylabo 2か月 前

      こんにちは。いつもご覧になってくださり、ありがとうございます。ここででてくるイラストは、書籍化していないものがほとんどです。一部は、書籍と同じイラストもありますので、本のリンクをはっておきますね。https://anatomy-yoga.com/books/#illust01
      ただ、現在、「からだと筋肉のしくみ」はアマゾンでは在庫切れになっているようです。

      Reply

コメント追加

メールアドレスは表示されません。