僧帽筋(そうぼうきん)はこんな時に大活躍 カーテンを開けるとき

僧帽筋

今回は、「僧帽筋はこんなときに大活躍 ボールを投げるとき」です。

僧帽筋は、肩甲骨と鎖骨を、頭蓋骨や背骨側に引き寄せる作用になります。

前回は、ボールを投げるときをみましたが、それ以外にも腕を大きく背中側に動かすときは、この筋肉は活躍しています。

カーテンを開けるときのように、肩甲骨を背中側に引き寄せる動きのときに活躍します。

ちなみに、運動不足で肩甲骨まわりの筋肉がこりかたまってしまうと、肩甲骨の動きが悪くなるので、肩への負担が大きくなって、肩を痛めやすくなります。

運動不足で肩こりがある人は、生活の中で肩甲骨をしっかりつかって動いているかを観察してみるといいです。

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/