僧帽筋(そうぼうきん)はこんな時に大活躍 ボールを投げるとき

僧帽筋

今回は、「僧帽筋はこんなときに大活躍 ボールを投げるとき」です。

僧帽筋は、肩甲骨と鎖骨を、頭蓋骨や背骨側に引き寄せる作用になります。

腕を大きく動かすときは、肩からではなく肩甲骨から腕を使うことがとても大切です。

ボールを投げるときのような動きで活躍しています。

筋肉のかたちや場所作用をしっかりイメージできるようになることで、どの動きのときにどの筋肉が使われているかがわかってきます。

使う筋肉が分かってくると、その筋肉を狙って鍛えることもできるので、自分の目的にあった体力アップがしやすくなります。

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/