腓腹筋(ひふくきん)とヒラメ筋を比べてみよう!!|世界一ゆる~い解剖学教室

下腿三頭筋 背面 3月 31, 2016

腓腹筋(ひふくきん)とヒラメ筋を比べてみよう!!|世界一ゆる~い解剖学教室

下腿三頭筋 背面

今回のテーマは、

 

「腓腹筋(ひふくきん)とヒラメ筋を比べてみよう!」

 

です。

 

下腿三頭筋は、腓腹筋とヒラメ筋という2つの筋肉をまとめていう時の名前です。

 

これまで、腓腹筋ヒラメ筋の起始停止(筋肉のついている位置)をそれぞれ確認しました。

 

今回は、この2つの筋肉の起始停止を比較してみましょう。

 

腓腹筋とヒラメ筋の大きな違いは、腓腹筋が膝より上から、ヒラメ筋は膝より下から、踵の骨にかけてついていることです。

 

この違いが、この2つの筋肉の作用の違いをつくります。

 

筋肉の働きはとてもシンプルで、それは“伸びたり、縮んだり”です。

 

この働きによって、骨をひっぱります。そして、その時に動く部分は、骨と骨のつなぎ目部分である関節です。

 

そのため、筋肉がどの関節をまたいでいるかで、その筋肉の作用が決まります。

 

それでは、イラストをみて、腓腹筋とヒラメ筋の起始停止を確認し、それぞれの筋肉の作用を考えてみましょう。

 

次は、ヒラメ筋の作用をみてみます。

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です