長趾屈筋(ちょうしくっきん)と長母趾屈筋(ちょうぼしくっきん)のまとめ

今回は、長趾屈筋(ちょうしくっきん)と長母趾屈筋(ちょうぼしくっきん)のまとめです。

 

1.長趾屈筋と長母趾屈筋を背中側からみてみよう!

 

長趾屈筋と長母趾屈筋は、下腿の後面についている筋肉です。

 

同じように下腿の後面につく筋肉として、後脛骨筋(こうけいこつきん)腓骨筋(ひこつ)もあります。

 

ですが、足側のついている骨の部位が、後脛骨筋や腓骨筋が足裏の内ふまずのあたりにつくのに対して、長趾屈筋や長趾屈筋は足の指についてます。

 

まずは、イラストを見ながらどの骨のどこについているかを確認しましょう。

 

起始:脛骨、腓骨の後面
停止:足の指先(裏側)

 

です。

足指屈筋起始停止

これらの筋肉の起始停止や走行をみながら、長趾屈筋や長趾屈筋の作用を考えてみましょう。 

 

2、長趾屈筋と長母趾屈筋の筋肉の作用をみてみよう!

 

これらの筋肉の作用は、

 

【足首を伸ばして、指を曲げる】

 

です。

足趾屈筋作用

後脛骨筋腓骨筋も同じように足首を伸ばす作用がありますが、足の指を丸める作用はありません。

 

それぞれの筋肉の起始停止を知ることで、このような筋肉による作用の違いが分かってきます。

 

3.下腿後面の筋肉はどんな動きで使いますか?

 

次は、これらの筋肉がどんな動きで使われているかをみてみましょう。

 

長趾屈筋と長母趾屈筋は、足首を伸ばしたり、足の指を曲げる動きで使われています。

足指屈筋を使う動き

イラストのポーズのように、体重を支えるために地面を踏ん張る時や、足首を伸ばしながら足の指を曲げるときに使われています。

 

4.下腿後面の筋肉を意識して動いてみよう!

 

最後に、この筋肉を意識して動いてみましょう。

 

そして、いつもとの違いを感じてみましょう。

足趾屈筋を意識する

自分の体で、筋肉を感じながら学ぶことで、リアリティを感じる解剖学ボディイメージができてきます。

 

1つ1つの筋肉をゆっくり学んで、少しずつ解剖学ボディイメージをつくっていきましょう。

 

次は、長趾伸筋(ちょうししんきん)と長母趾伸筋(ちょうぼししんきん)を学んでみましょう。

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

コメント追加

メールアドレスは表示されません。