肩甲挙筋(けんこうきょきん)を背中側からみてみよう!|世界一ゆる~い解剖学教室

今回から 、肩甲骨を動かすインナーマッスルを学んでいきます。

 

まずは、肩甲挙筋(けんこうきょきん)です。

肩甲挙筋

一般的には腕のはじまりは肩だと考えられています。しかし、骨格的にみると肩甲骨と鎖骨から腕がはじまっていると考えます。

 

それでは、肩甲挙筋(けんこうきょきん)を背中側からみてみましょう。

 

肩甲挙筋がついている骨の部位は、

 

起始:頸椎(けいつい)の側面

停止:肩甲骨の上部

 

です。

 

頸椎は背骨の首の部分の骨のことで、全部で7つあります。

 

肩甲挙筋は、この頸椎の上から4つの側面についています。

 

停止は、肩甲骨の内側上部です。

 

イラストで筋肉の位置を確認してみてください。そして、この筋肉をイメージしながら、どんな作用になるかを考えてみましょう!!

 

 

次は、肩甲挙筋の作用をみてみましょう。

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

コメント追加

メールアドレスは表示されません。