股関節 > 大腰筋

大腰筋(だいようきん)まとめ|ヨガ解剖学


大腰筋今日は大腰筋ダイヨウキンのおさらいの日です。

もう一度、この筋肉を見直して、記憶を深めておきましょう。

1.大腰筋ダイヨウキンの起始停止 

この筋肉は、腹筋より深い部位についている筋肉です。

まずは、前から起始停止を確認しましょう。

起始は、胸椎12番目、腰椎の1~5番目。

停止は、大腿骨内側の突起

です。

イラストをみてかたちや位置を確認してみてください。

大腰筋

次は、横からもみてみましょう。

 この筋肉は、腹筋の奥にある胸椎12番目、腰椎の1~5番目から始まって、骨盤の内側を通り、大腿骨の内側の突起についています。

 

2.大腰筋の作用イラスト解剖学

 

次は、この筋肉の作用をみてみます。

まず、1つ目の作用は、

【股関節を曲げる】

です。

わずかに股関節を外にまわす作用もあります。

大腰筋|yoga

 

2つ目の作用は、

【腰を安定させる】

です。

この筋肉は腰椎を前方に引き出すことで、腰を安定させます。さらに、大腰筋を強く働かせると、腰の反りにも関係します。

1つ目との違いは、大腿骨と腰椎のどちらが固定されているかです。

大腿骨側が固定されると、腰を安定させ、腰椎側が固定されていると、股関節を曲げます。

 

3.大腰筋はどんな動きで使いますか?

大腰筋を使うアーサナ

次は、大腰筋がどんな動きで使われているかを確認してみましょう。

大腰筋は、股関節を曲げる動きが出てくるアーサナで使われています。

特に、大きく股関節を曲げる動きが出てくるアーサナでは重要な筋肉です。

立位での腰の安定や、大きな反りの動きが出てくるアーサナでも体の深部で働いています。 

4.大腰筋を意識して動いてみよう!大腰筋|yoga

最後にこの筋肉を意識して動いてみましょう。

そして、いつもとの違いを感じてみましょう。

大腿骨の根本を腹部へ引き込む感じです。

 

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://anatomy-yoga.com/event/schedule/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/
2015年07月2日 更新 | カテゴリー:股関節 > 大腰筋

各地で開催中

開催予定のリアル解剖学講座スケジュール

大阪 リアル解剖学入門講座 上半身編

【大阪】

大阪 リアル解剖学入門講座 上半身編
2019年11月23日(土)〜11月24日(日)
10:00 AM ~ 5:00 PM
満席 キャンセル待ちでの受付中
東京 リアル解剖学入門講座 上半身編

【東京】

東京 リアル解剖学入門講座 上半身編
2019年11月30日(土)〜12月1日(日)
10:00 AM ~ 5:00 PM
残り4席