前鋸筋(ぜんきょきん)のまとめ|世界一ゆる~い解剖学教室

今回は、肩甲骨を動かすインナーマッスル前鋸筋(ぜんきょきん)のまとめです。

 

1.前鋸筋を横からみていよう!

 

まずは前鋸筋が骨のどこについているかをみてみましょう。

 

起始:第1~9の肋骨側面。
停止:肩甲骨の内側

 

です。

前鋸筋

イラストで筋肉のかたちとついている場所をみて、この筋肉の作用を考えてみましょう!!

 

2.前鋸筋の作用

 

前鋸筋の作用は、肋骨の側面と、肩甲骨の内縁が近づけることなので、

 

【肩甲骨を前に押し出す】

 

です。

 

肩甲骨が、肋骨上を前方にスライドします。

前鋸筋の作用

3.どんな動きで前鋸筋を使いますか?

 

前鋸筋は、肩甲骨を前に押し出す動きで使います。

 

腕で体を支えたり、ねじれの動きでも使われています。

 

イラストをみて確認しましょう。

 

体重を支えたりするときにこの筋肉を使って腕を押しだすと、腕の支えが安定します。

前鋸筋を使う動き

4.前鋸筋を意識してみよう!

 

これまで、前鋸筋の起始、停止、作用を学んできました。

 

最後は、この筋肉を意識して動いてみて下さい。

 

普段、肩の意識で体を支えている人は、肩甲骨から支えてみて、その違いを感じてみましょう。

前鋸筋を意識する

自分の体で、筋肉を感じながら学ぶことで、リアリティを感じる解剖学ボディイメージができてきます。

 

1つ1つの筋肉をゆっくり学んで、少しずつ解剖学ボディイメージをつくっていきましょう。

 

次は、菱形筋(りょうけいきん)を学んでみましょう。

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

3 comments

  • 吉村夕夏 4年 前

    はじめまして。
    フリーでフィットネスイントラをしています。

    なかなか講座への参加はできませんが、イラストがとてもわかりやすいです。
    本などは出版していないのでしょうか?

    Reply
    • 有川譲二(ありかわ じょうじ) 4年 前

      吉村さま。コメントありがとうございます。お返事が遅くなりすみません。ぼくも本というかたちで解剖学をお伝えできたらと思っています。また、本ができたらフェイスブックなどでお知らせしますね。

      Reply

コメント追加

メールアドレスは表示されません。