肩甲骨 > 前鋸筋

前鋸筋(ぜんきょきん)まとめ|イラスト解剖学


ヨガ解剖学

1.前鋸筋ゼンキョキンを横からみていよう!

今日は、肩甲骨を動かすインナーマッスル第二弾は前鋸筋ゼンキョキンのおさらいの日です。

まずは前鋸筋ゼンキョキンがどこについているかをみてみましょう。

起始は、第1~9の肋骨側面。
停止は、肩甲骨の内側

です。

イラストで筋肉のかたちとついている場所をみて、この筋肉の作用を考えてみましょう!!ヨガ解剖学

2.前鋸筋の作用

前鋸筋の作用は、

【肩甲骨を前に押し出す】

です。

肩甲骨が、肋骨上を前方にスライドします。

3.どんな動きで前鋸筋を使いますか?

ヨガ イラスト

前鋸筋は、肩甲骨を前に押し出す動きをするアーサナで使います。

腕で体を支えたり、ねじれの動きでも使われています。

イラストをみて確認しましょう。

体重を支えたりするときにこの筋肉を使って腕を押しだすと、腕の支えが安定します。

4.前鋸筋を意識してみよう!

ヨガ イラスト

これまで、前鋸筋の起始、停止、作用を学んできました。

最後は、この筋肉を意識して動いてみて下さい。

普段、肩の意識で体を支えている人は、肩甲骨から支えてみて、その違いを感じてみましょう。

 

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://anatomy-yoga.com/event/schedule/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/
2015年05月14日 更新 | カテゴリー:肩甲骨 > 前鋸筋

各地で開催中

開催予定のリアル解剖学講座スケジュール

このカテゴリーの講座の募集は現在ありません。近日開講予定です。