棘上筋(きょくじょうきん)の作用をみてみよう!

棘上筋の作用

今日のテーマは、

 

「棘上筋(きょくじょうきん)の作用をみてみよう!」

 

です。

 

棘上筋の作用は、

 

【腕を外へ開く】

 

です。

 

この動きを専門用語では“外転 がいてん”といいます。

 

ですが、最初から専門言葉で学ぼうとすると、解剖学は専門用語だらけなので、言葉を覚えるだけで疲れてしまいます。

 

まずは、イラストをしっかり見て、骨や関節、筋肉と動きをできるだけイメージしたり、動かしたりしながら、体験しながら覚えていきましょう。

 

https://www.youtube.com/watch?v=jsO-1-6kgkA

 

棘上筋(きょくじょうきん)はどんな動きで使いますか?

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

2 comments

コメント追加

メールアドレスは表示されません。