イラスト ヨガ

肩甲下筋(けんこうかきん)のまとめ|世界一ゆる~い解剖学教室

今回は、肩甲下筋(けんこうかきん)のまとめです。

 

肩甲骨の背中側には、棘上筋(きょくじょうきん)棘下筋(きょくかきん)小円筋(しょうえんきん)がついています。

 

それに対して、肩甲下筋は前側についている筋肉です。

肩甲骨の位置

肋骨が前にあるので体の前側からは見えない部分についています。

 

1.肩甲下筋(けんこうかきん)の起始停止

 

イラストをみながらこの筋肉のかたちと場所を確認しましょう。

 

起始:肩甲骨の前面
停止:上腕骨の前側

 

です。

肩甲下筋の起始停止

肩甲下筋をイメージしながら、この筋肉の作用を考えてみてみましょう。

 

2.肩甲下筋の作用

 

肩甲下筋の作用は大きく分けて2つあります。

 

まずは1つ目の作用です。

 

腕を体の横に垂らした位置でこの筋肉が働いた場合です。

 

それは、

 

【上腕を内へひねる】

 

です。

肩甲下筋の作用 内旋

これは、棘下筋(きょくかきん)と反対の作用ですので、ペアで覚えましょう。

 

2つ目は、腕を外に開いた位置での作用です。

 

それは、

 

【上腕を胸側へ動かす】

 

です。

 

イラストをみて確認しましょう。

肩甲下筋の作用 水平内転

これも棘下筋(きょくかきん)と反対の作用ですので、ペアで覚えましょう。

 

3.肩甲下筋はどんな動きで使いますか?

 

肩甲下筋は上腕骨を内側にひねったり、胸側に動かしたりする動きで使います。

 

この筋肉をしっかりと使うことで、肩関節の前側が安定します。

 

イラストをみて、どんな動きで使われているかを確認してみましょう。

肩甲下筋を使う動き

 

4.肩甲下筋を意識して動いてみよう!

肩甲下筋を意識する

最後は、この筋肉や骨をイメージしながら動いてみましょう。

 

そして、いつもの動きや感覚との違いを感じてみましょう。

 

自分の体で、筋肉を感じながら学ぶことで、リアリティを感じる解剖学ボディイメージができてきます。

 

1つ1つの筋肉をゆっくり学んで、少しずつ解剖学ボディイメージをつくっていきましょう。

 

肩甲骨を動かさずに、肩関節だけを意識しながら動くと、肩甲下筋を感じ取りやすくなります。

 

次は、次は小円筋(しょうえんきん)をみてみよう!

Add your comment

Your email address will not be published.