僧帽筋(そうぼうきん)はどんな動きで使われていますか?|世界一ゆる~い解剖学教室

僧帽筋を使う動き

今回のテーマは、

 

「僧帽筋(そうぼうきん)はどんな動きで使いますか?」

 

です。

 

僧帽筋は、肩甲骨を後頭部や背骨に近づける動きで使います。

 

この筋肉はとても大きくて幅が広い筋肉です。

 

同じ僧帽筋でも、どの部分を使うかで、動きは変わってきます。

 

腕を高く挙げたり、体を反らせたりする、肩甲骨の動きを伴ういろんな動きで使われています。

 

イラストをみて、どんな動きで使われているかをみてみましょう。

 

次は、僧帽筋を意識して動いてみよう!

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

コメント追加

メールアドレスは表示されません。