下腿から足

8.下腿三頭筋(かたいさんとうきん)はどんな動きで使いますか?


解剖学ヨガ

おはようございます。今日のテーマは、

「下腿三頭筋(かたいさんとうきん)はどんな動きで使いますか?」

です。

これまで、ヒラメ筋と腓腹筋ヒフクキンの作用()を学んできました。

今日は、この2つの筋肉を合わせた下腿三頭筋がどんなアーサナで使われているかをみてみましょう。

下腿三頭筋は、足首を伸ばしたり、膝を曲げたりする動きが出てくるアーサナで使われています。

また、地面を踏ん張るような動きでも使われています。

 

※下腿三頭筋は、腓腹筋ヒフクキンとヒラメ筋という2つの筋肉をまとめていう時の名前です。

 

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://anatomy-yoga.com/event/schedule/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/
2016年03月31日 更新 | カテゴリー:下腿から足

各地で開催中

開催予定のリアル解剖学講座スケジュール

このカテゴリーの講座の募集は現在ありません。近日開講予定です。